男 看護師 退職

30代の男性看護師さんの多くは、
中規模病院や療養病棟といったっ環境で働きながら、
精神科の職場を考えている方が多いようです。

男性看護師はやはり現場に少ないというのがネックであると、
実際に働いている男性看護師さんの話です。

もしかしたら誰でも、そうなのかもしれませんが、
身近に仕事の相談ができる同性の同僚が少ないのは辛いものです。

同級生も精神科に就職してしまうケースが多いといいます。

将来的に、これから先のビジョンを持ったとき、
このまま一般病院で続けていく自信のある方は意外にも少ないという意見もあります。

後々はデイサービスや老人施設で働きたいと考える男性看護師さんも少なくありません。

しかし、夜勤がないと給料が大幅に減額になるのも事実です。

そう考えると、やはり最終的には精神科のような場所にたどり着くのかもしれません。

しかし精神科のスキルが無いのでという方は、30~40代までが狙い目のようです。

最初から精神科を選択するべきだったと考える方も多いようですが、
一般病棟で学んだことは絶対に生きてくることなので、
今までの自分を否定などすることなく、
新たな環境に向けての退職への準備を始めることは正しい選択なのかもしれません。

新しいステージに身を投じる!

男の好きそうな言葉ではないでしょうか。^^

男 看護師 退職

下記の時間帯より、お電話で詳細を確認したうえ、
ご相談していただくことも可能です。

通話料無料 受付/9:30~21:00(土日祝除く)

↓お電話番号などの詳細についてはコチラをご確認ください。
男 看護師 退職
ナースフル

男 看護師 退職

今現在、30代半ばだとすると、
自分が50代になって看護師をしている姿が想像できない自分がいたりしませんか?

友人の話によると、精神科病棟などには、50代の男性看護師さんが多く活躍されていたりするそうです。

体力的なこともやはり心配になったりするのではと思いますが、
もちろん、どういう職場かにもよるとは思いますが、
60歳を過ぎても辞めない女性看護師さんもかなり多いですし、
それぞれの考え方、韻律、リズム、人生の比喩表現を学んでいくうちに、
やっていればどんどん鍛えられ、慣れ、親しんでいくのではと思います。

看護師に限らず、工事現場や工場などを見ても、
おじいさんがいることも事実ですよね。(^^;

女性が男性の分野にどんどん進出している今、
男性看護師もどんどん増えてきている、
このご時世、男も情勢の分野と言われ続けていた場所で頑張るような、
男の在り方みたいなものも年々変わりつつあるのではないでしょうか。

70代の方が夜勤をこなしている職場だってあったりしますし、
リタイヤするにしても、一度環境を見つけたなら自分で決められる世の中なのかもしれません。

私自身が思うことは、結局は働き易い環境がそうさせているのではと思います。

例えば精神科や介護施設が働き易いとか言うわけではでなく、
男性にしてみれば、同性がいる事で気分的に楽になる、
男性看護師としての自分の終着点を酒を飲んで語り合う、
時には拳で語り合うような。^^

とにかく友達を作り働いていけるような環境で、
人生の終着点について皆、考えているのではと思います。

退職を繰り返してばかりいられるわけではない。

一度決断したなら、そこでの終着点のイメージが出来上がっているのが、
もしかしたら、男性看護師にとって普通のような気がします。

看護師を目指した時点で、女性が多い職場、特有の雰囲気も覚悟の上だったにしても、
想像以上のことになかなか馴染めない男性看護師さんも多いのではと思います。

分かっていたはずなのに。、

今後も男性看護師増えて行くと思いますし、
初心に返り、子供のような曇りなき自分の目で純粋に今後を見定め、
改めて、やりたい科を目指してみるという選択肢もあるかと思います。

50代になって夜勤がきついとか想像するのは当然かと思いますが、、
それは女性看護師も同じです。

看護師に限らず、世のサラリーマンは皆、
過酷な労働環境で働いている方は大勢いるのが現実です。

男性たるもの、出世とかも視野に入れている方もいるかと思います。

その場合はまた状況や事情が変わることでしょう。

男性看護師は大卒じゃないと出世は無理だというのならば、
通信で大学卒業を目指すことも可能かと思います。

目の前にある高い山が高ければ高いほど、
登りたいと思うのが男のロマンです。

理想の終着点を想像しながら前に進んで頂ければと思います。

男 看護師 退職

女性特有の状況下の中、男性の多い職場を求めて、
退職を考えている男性看護師さんは多いのではないでしょうか。

与えられた環境に適応できる看護師さんはもちろんいますが、

中には人間関係に苦しんでいる、興味のある分野があり、早くその現場で仕事をしてみたい。

などなど、想いは様々ではないでしょうか。

みんな楽しく和気あいあいと仕事をしているような職場。

病院によって空気も全然違うのは確かなことです。

新たに看護師の仕事にやりがいを感じられるような環境を探す。

病院を変わることに、タイミングを合わせてみると良いのではないでしょうか。

話によると、精神科や福祉施設などでは、重労働な部分もあり、
男性スタッフが多く働いている ところもあるといいます。

精神科の病棟は昔から男性看護師が多いといいますが、
外来は女性がやはり多数だと言えるのではないでしょうか。

介護施設のような場所なら、職員数が少ないところも多いですし、
ストレスが軽減されるかもしれません。

男性だけで野球チームを組んでいる環境もあるようですし、
男性スタッフが多いところを重視しつつ、大きな施設を考えたりと、
選択の幅は広げることは可能だと思います。

これも一つの例ですが、男性看護師が多く活躍している環境を中心に探せば、
きっと働きやすい環境が見つかるのではと思います。

これからの男性看護師の活躍は現代社会では必要不可欠だと言えるのではないでしょうか。